インプットが大切です。
昨日は、テイスティングの基礎講座だったのですが、テイスティングを学んでいない人だと、「思ったままのコメント」が口から飛び出すので、以外と面白いものです。

コーヒーの粉の香りを嗅いで「肉じゃが」みたいな香りがするとコメントされたお客さまがおられました。
たぶん、焙煎由来の甘い香りの部分を感じてコメントしているのだと推測しましたが、嗅覚の成長と、いろんな香りのインプットが進むと「より具体的な香り」のコメントが登場してくるものです。

より似ている印象の香りを選択できるようになりますし、より分析できるようになるので、重なりあった香りの情報から、ひとつひとつの香りを分類してコメントできるようにもなるものです。

それらができるようになるためには、香りのインプットがとても重要だということです。
そんなことを言っている自分自身も、まだまだ香りのインプットが未熟ですので、よりいろんな香りのインプットが進んでいくことで、もっと理解が進むことでしょう。

あとは、フレーバーだけではなく、酸味と甘さが重要です。
ですので、酸味のインプットと甘さのインプットも進むと、フレーバーに合わせてコメントできるようになってくるので、インプットをする場合には、香りと甘さ、酸味を感覚を切り替えながら同時に覚えることが大切です。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |