CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
<<前月 2018年12月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

2018 COE コスタリカ・ベジャビスタ農園 #22
COE コスタリカ・ベジャビスタ農園 #22 パルプドナチュラル(レッドハニー)カツアイ種のカッピングの詳細です。
910円/100gとなっています。

審査員のコメント、および平均点は、次のとおりです。
<アロマ/フレーバー>
バタースコッチ・レッドカラント・キャンディ・レッドグレープ・レッドワイン・グリーンティ・バニラ・ストロベリー・レッドアップル・オレンジピール
<アシディティ>
タータリック・マリック・デリケート
<その他>
ヴィスカス・シトラスブロッサム・リファイン・ウェルバランス
<審査員の平均点>
88.21点


<ここからは、個人的な印象のコメントです。>
温かいときは、赤色をメインで感じる「チェリーやピーチ」を思わせる、ストーンフルーツ系の華やかなフルーツ感に、ミルクチョコレートの滑らかな甘さの余韻が長く感じとれます。
「クリーンカップ」と「マウスフィール」に7点を付けましたので、際立つ透明感と、滑らかさの質がとても良い印象です。

酸味は、「赤いリンゴ」を思わせる酸味の印象があり、粘着性のある上品な液体のジューシーさは、精製方法のパルプドナチュラル由来の「レッドハニー」から導きだされる「ストーンフルーツ系」と「粘着性」が思い当たります。

しかし、以外と上品な液体で、粘着性があるからといっても重たくなく、ボディ感もしっかりとした厚みというよりは、ミディアムボディという感じなのに、華やかなトロピカルフルーツを思わせるフレーバーがあるという感じです。

ぬるくなってくると「ストロベリー」のようなフレーバーも登場しますが、やはり赤色やピンク色の印象です。

「クリーンカップ」と「マウスフィール」に7点。
その他の項目は、すべて6.5点で、89点を付けました。

今までの「コスタリカ」を連想させるフレーバーの印象ではありませんので、産地によっても、作り手によっても異なるものだなぁと思うところです。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |