「知らない」は、もったいない。
新規のお客さまが増えているのですが、新規のお客さまの99%ほどが、ペーパーフィルターを使用している事実があります。
たぶんこれは、「使い勝手が良い」ということが1番に挙げられるのだと推測しています。

しかし、良質なコーヒーを抽出するためには、ある程度の「フィルターの目の粗さ」が必要で、更に「油脂分まで抽出できるフィルター」が必要なのだと説明をしています。

きちんと説明をすると、結構時間が必要で、それを説明をするとほとんどのお客さまが「知らなかった」と言われます。
ただ単に、「ペーパーフィルターでは良くないですよ」という説明ですと反感を買いますが、きちんと順序立てて説明をするとほとんどのお客さまはその「論理」にうなづいてくれます。

そこのキーワードが「明るさ」と「滑らかさ」であったりします。
これは両方ともコーヒーの評価項目でもありますので、きちんとコーヒーの品質を勉強している人だったら、理解していることになります。

一般の消費者は、そこまでコーヒーの品質を勉強する訳ではありませんので、それを知らなくて当然のことですので、99%ほどの消費者がそういったフィルターを知らずに使用していて、知らずに品質を落としてご家庭で消費してしまっているということです。

ただし、これも「スペシャルティコーヒー」を好んで飲んでいる人に向けての情報になります。
スペシャルティコーヒーは、味わいがクリーンで雑味や嫌な酸味などが無いことが前提のコーヒーということです。
そこから外れている一般流通しているコーヒー(コモディティコーヒー・コマーシャルコーヒーと呼ばれる規格)では、味わいのクリーンさに欠けていたりするものですので、そういった価格帯もお安いコーヒーの場合ですと、ある程度の「フィルターの目の粗さ」と「油脂分まで抽出できるフィルター」を使ってしまう場合に、味わいの劣る部分もきちんと抽出してしまいますので、そういった一般流通しているコーヒーの場合はペーパーフィルターのように目が細く、油脂分は吸い取ってしまうフィルターのほうが美味しく感じることでしょう。

当店の場合は、良質のコーヒーの専門店ですので、できるだけ販売だけで終わることなく、ご家庭で良質なコーヒーを召し上がっていただきたいという想いから、スペシャルティコーヒーの場合には、それに合うフィルターを使ったほうが味わいが活きるという本質のお話をしている訳です。

使う豆は同じクオリティですが、抽出のフィルターの違いだけでも、カップの中の液体のクオリティが落ちてしまうという事実。
知らないというのは、「もったいない」と思っているので、時間があるときにはきちんと説明をしているのです。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |