CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<<前月 2019年01月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

香茶屋の運営方針と存在理由。
当店がテイスティングの基礎講座をしていることや、お店の運営方針に「良質さの追求」を掲げている背景にあるものは、「気づいてもらいたい」という気持ちがあります。

それは、どんな些細なことでもいいので、気づいてもらうことで、これからのお客さまの人生が少しでも当店の存在によって変わってくれればという思いがあります。

そして、「美味しさ」は「主観」だということに気づいてもらいたいのです。
美味しさが主観だとしたら、良質さはなんなのか?ということにも気づいてもらいたいのです。

ですので、良質さとは学ばければ、きちんと理解できないものであることに気づいてもらいたいのです。
ですので、良質さを学ばれていないほとんどの消費者は、偏って「質を見ている」という事実を受け止めることから学ぶ必要があるのです。

そして、良質さを学んでいくことで、コーヒーの場合でしたら、3つの感覚の感じ取り方を意識するようになることでしょう。
ボク自身もまだまだすべてを理解できている訳ではありませんので、「気づき」はとても新鮮で、何歳になっても新しい気づきから、「そういうことなのかぁ」という驚きと、新しい感覚での美味しさの見え方に感動する学びがあります。

ですので、自分の好み(主観の美味しさ)の追求も楽しいと思いますが、食べることが好きな方には「良質さの追求」という学びもあるのだと気づいていただきたいのです。

そうすると、自分ひとりでは良質さの追求は困難だということに気づくことでしょう。
他人の感覚と、自分の感覚を照らし合わせて、その矛盾点からの学びで「気づき」が起こるからです。
主観の美味しさの追求ですと、自分の好みなので、他人を気にする必要がないので、他人との矛盾点は無視すれば済むから必要がないということです。

ボクはうちの相方や、感覚の鋭い常連さんを観察しながらここまで成長させて貰いましたので、ひとりではここまで成長することは無理だったと言えることを知っています。

当店のお店の存在は、そういった良質さの追求を求めている人にとっては、いろんな発見があることだと思っています。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |