ミルの設定を再設定する。
昨日は、常連さまが当店でハイグレードなミルを購入してくれました。

当店でお渡しする場合には、実際に微調整しながら抽出したコーヒーをカッピングしてもらい、どの設定が一番良いのかを試した上で調整して、すぐにご自宅で使える状態にしてお渡しするサービスをしています。

昨日は、その際にボクとウチの相方とお客さまの3人で、カッピングをしたのですが、すぐに設定の良いところが見つかり、せっかくなので数種類のコーヒーの飲み比べをしてみました。
すると同じ豆なのに、やはりハイグレードのコーヒーミルは、お店で使用している業務用ミルの遥か上を行く味わいが登場するのです。

これには、理解していたはずのボクも驚き。
ミルによって、これほどまでに「質」が変わるのだということを、理解していたつもりだったのですが、その変化に驚きを隠せませんでした。

そして、実はこの流れにはストーリーがあるのです。
そのハイグレードなミルを購入に踏み切った常連さまは、ウチの相方と語り合える「敏感な嗅覚」を持ち合わせている常連さまです。ボクでは役不足なほど「見えている」のです。

そして、今年の1月の後半くらいから、焙煎で新しい設定を見つけてから「風味が変わった」ことで、当店の喫茶コーナーでは満足するのですが、自宅のコーヒーでは満足できなくなったことから、話しは始まります。

そして、その理由が自宅で今まで使ってきた「ミル」のちがいなのだということに気がついてしまい、ハイグレードなミルを購入することに踏み切ったということの流れなのです。

そうなのです。
焙煎によって「より繊細な表情」が今まで以上に登場するようになったことで、それを「より導き出してくれるミル」の存在が大きく左右してしまうことに気がついてくれたのです。

その結果、ボクも驚くほどに「ミルによって登場する表情の幅に差がかなり生じる」ことを体感できたということです。

このことから、しばらく当店のミルも微調整をしなければと思い立っています。
より、良質な液体に仕上げることができるように、より細かなミルの設定を導き出そうと考えています。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |