CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
<<前月 2019年03月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

テイスティングの基礎は?
今週は定休日を利用して「ビオあつみエピスリー浜松店」にて、テイスティングの基礎講座をおこなってきました。
受講される方のほとんどは、コーヒーを飲んで「表現ができるようになりたい」と思っている人たちです。

そんな人たちに対して、「どうしたら表現ができるようになるのか?」を最近真剣に考えています。
まず、基本として「口の中に広がる香りの景色が見えるようになる」ということが大切なのだと考えています。

表現は、今「見えている景色を言語化する」ということだと思っていますので、まずは「口の中で広がっている景色が見えていること」が前提になるからです。

そのためには、口の中で広がるフレーバー(風味)を「立体的に捉えれる」という感覚を身に着けなければなりません。
これは、香りの「広がり」や「厚み」を意味することで、ボクはそれを「香りの重さ」と捉えています。
まずは、この「香りの重さ」を捉えれるようにするためには、どのような意識の向け方が大切なのか?

そして、フレーバーを立体的に捉えれるようになってきたら、次は「香りの色の情報」が見えるようになることが大切だと考えています。

ボクの経験上でも、まずは「香りの重さ(厚み・広がり)」という立体感が見えるようになり、それから「香りの色の情報」が見えるようになりました。
それらが見えるようになることで、「香りの情報」を読み解く知識をつけることで、表現力も身についてくることでしょう。

しかし、テイスティングの基礎は「香りのインプット」ですので、「いろんな香りを脳に記憶すること」なしでは始まりませんので、まずは「香りを記憶すること」から始めてみてください。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |