CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
<<前月 2019年03月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

表現力は、見えている「そのまま」を言うだけ。
昨日、もうフレーバーの「景色が見えている」常連さんが来店されカウンターでコーヒーを召し上がってもらいながら話をしていた。

その常連さんは、表現力を身につけたいと思ってくれて「テイスティングの講座」などにも来てくれている常連さんになるのですが、ボク以上に「フレーバーは見えている」のです。

ですが、「コメントが出てこない」と言っているのです。
なので、その召し上がっている「エチオピア・イルガチェフェ」でお互いに見えている「景色」を説明しました。

フレーバーの広がりの上部には、「緑色した、植物系のハーブのような香りの層」があるよね?
その下のほうには、「オレンジ色したフルーツ系の香りの層」があるでしょ。

そういうと、その常連さんは「緑色だけじゃなくて、黄色も混じっていますよね?」
「ハーブといっても、フレッシュなハーブですよね。」
「オレンジ色のフルーツの中にも、黄色が混じっていて、レモンぽいですよね。」
と、どんどんコメントが出てきています。

「もう、コメントできてるじゃん。」とボクが笑いながら言う。

そういうことなんです。
「見えている景色を、そのまま言えばいいだけ。」なんですよ。

その「見えている景色」を、まとめて言おうとしたりすると、なかなかコメントが出てきませんが、「見えている景色」を、「見えているまま」にコメントすればいいという話なのです。

ただ、ほとんどの人たちは、こういった「フレーバーの景色」が見えておりませんので、まずはこの「フレーバーの景色」が「見えるようになる」というところを目標として学んでいただければ、誰でも表現できるようになるということなのです。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |