CALENDAR
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
<<前月 2019年04月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

冷めたコーヒーの酸味は「酸化」?
コーヒーを飲んでいて、たまに聞かれることがあります。
それは「酸化」についてです。

個人的には、フレッシュな鮮度のよいコーヒーを飲んでいて、冷めてきたコーヒーの酸味を「酸化している」と思ったことがないのですが、多くの人はコーヒーの嫌な酸味を「酸化している」と思っているみたいです。

コーヒーでテイスティングを学んでいると、「香りの元をたどる」という能力が身についてきます。
口の中で感じているフレーバーや酸味から、その「元がなんなのか?」をたどっていくという能力です。

いま感じている「この嫌な酸味は、どこから来た酸味なのか?」というところの分析に使うことで、その元をたどり「なにが嫌な酸味の正体なのか?」を理解できるようになってきます。

コーヒー生豆のネガティブな酸味が正体なのか?
コーヒー焙煎で半焼けの状態だから登場してきている酸味なのか?
コーヒー豆が古く鮮度が悪いために登場してきている酸味なのか?

その嫌な感じの酸味の正体は、実際に飲まなければわかりませんが、その元をたどってゆける感覚を身につけることができれば、いろんなフレーバーの情報をたどることができるということです。

一般的に冷めてきたコーヒーの酸味を「酸化」と表現する人たちは多いのですが、いろんな酸味がありますので「酸化」で片付けてしまうのではなく、その元を分析してみてください。
そうすることで、いろんなことが理解できてくると思います。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |