意に反して。
とあるコーヒー関係の方が、当店の焙煎機と同型の焙煎機を使用しているらしく、当店がおこなった「焙煎機の改造」がどれほど効果があるものなのか?実際にコーヒーを飲んでみてから検討したいみたいで、当店のコーヒー豆を先日webから購入してくださっておりました。

そして、そのコーヒーを召し上がってくださり、その感想と、改造した焙煎機への質問がメールにて届いたのです。

結論から言うと、当店の送った「ブラジルとインドネシアが感動的においしかった」とコメントしてくださっておりました。
その2つのコーヒーは、ブラジルが「フルシティロースト」、インドネシアが「ハイロースト」と、どちらもローストレベルが少し深めのコーヒーだと言うことで、そういったローストが深めのコーヒーが好みなんだなぁと言う印象を受けました。

ボクが評価して欲しいのは、ローストが浅めのものだったりするのですが、自分の意に反して好まれるものは、ちがっていたりするものです。
これが世の中の不思議ってものなんですよね。

とある歌い手さんが言っていたことを思い出したました。
「売れると思って世に出した曲は売れることがなくて、どうでもいいような曲が売れたりするからわからない。」と。

なので、人の評価って難しいのですよね。
なので作り手は、表に出ないほうがいいのですよ。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |