CALENDAR
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2019年08月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

得手、不得手を知る。
コーヒーは、出来上がった(液体になった)商品を飲んでみなければ、それがどういう出来なのか?が解らないので、実際にカッピングをして初めて評価できる状態となる。

ボクの仕事は、焙煎をして、コーヒーを飲める状態にする。ということが、本来のボクの仕事になる。
それを、コーヒー焙煎とかローストとか言う。

焙煎という作業で、コーヒーの味わいを作り上げていると言っても過言ではない。

長年、コーヒーの焙煎に携わっていると、口に含んだ瞬間から、広がり、そして余韻まで。
それらのすべての口の中の情報は、焙煎が絡んでいる。

まだ、すべてが理解できている訳ではないのですが、ある程度「ここの味わいを次はこうしたいな。」という設定が見えるようになってきている。

もちろん、焙煎機の特徴が味わいにも登場するので、当店の焙煎機では出せるけれど、よその焙煎機では「こう言った味わいは出せれない」というものがある。
その逆も然りで、よその焙煎機では出せるけれど、当店の焙煎機では出せれない。があるのです。

それが、当店の場合だと「粘着性のある甘さ」が、当店の味づくりでの特徴であると考えています。
逆に、登場しづらいポイントは、「酸味の明るさ」だと思っています。

得手不得手は、どんな事柄でも存在するものですので、そこを知ることも、とても大切なことだと考えているのです。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |