どうしたら、興味を持ってくれるだろう?
多くの人たちは、質(クオリティ)という本当の意味を探ろうとか、探そうとしていないので、意外と質(クオリティ)は理解できていません。
でも、多くの人たちは、自分はそこそこ、質(クオリティ)を分かっていると考えていたりする。
だからこそ、それを伝える難しさがあると考えています。

人間の消費活動は「好み」なんだとボクは考えています。
「好み」は主観ですので、品質とはあまり関係のないところにあったりします。
品質が劣っていたとしても「好み」であるなら「買う」という消費行動をとるのです。
ですので、よく売れているモノが品質が良いわけではないということも言えます。
そこに、品質(クオリティ)に対する難しさがあるのです。

意外と質(クオリティ)を伝えることは難しく、その意味を必要としている人は、そう存在するものではないからです。
需要がないと言った方がいいのでしょうか。
質の良さを知りたい、理解したいという需要が少ないことが、その興味を遠ざけているのだと考えています。

ですので、どうしたらそこに興味を持ってくれるのか?
を考えてみた方が、その扉を開いてくれるかもしれません。

ですので、どうしたら興味を持ってくれるのか?を考えてみようと思っています。
「好み」を探す楽しさもありますけど、改めて気づく「質の良い美味しさ」っていうものもあるのですけどね。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |