CALENDAR
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2020年10月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

好みの追求とはちがう、クオリティの探求。
香茶屋では、店内のイスの数を減らして運営をしておりますので、当店の小さな店内では4名さままでしかご利用できない状況です。

1グループで3名さま以上でのご入店での飲食は難しいと判断していますので、入店をご遠慮いただいております。申し訳ありませんがご了承ください。
また、しばらくの期間は、店内での飲食はコーヒードリンクのみの営業とさせていただいております。

御来店人数が多い場合には、テイクアウトでの営業も行っておりますので、テイクアウトをご利用いただければと考えております。

営業時間も、
10:30 ~ 18:00 となっております。
よろしくお願い致します。

香茶屋 店主 伊藤

<本日のブログ>

昨日の夕方は、依頼があって当店のコーヒーを普段から購入して飲んでくれている親子が、「テイスティングの基礎づくり講座」をお店でおこなった。

ひと通り説明をした後に、3種類のコーヒーを粉の状態(Dry)からチェックをしてもらい、そしてテイスティング・グラスにお湯を入れて4分間浸け置きしてから、カッピングをしてもらった。
(*現在は、テイスティング・スプーンを使わずに、別のカップに移してカッピングする。)

3種類のうち、2種類は当店のトップ・スペシャルティ(86ポイントupの豆)ともう1種類はどこかにダメージがある豆。
それを混ぜて、同時にカッピングすることで、どこに劣る部分があるのかを比べて判断してもらうためにそうしています。

そして、1つずつカッピングしながら、フレーバーや酸味、液体の質などを解説していきます。
昨日の劣るコーヒーは、当店ではない焙煎のコーヒー豆で、ローストのダメージを解説しました。

すると、一緒に来ていた方の一人が「私はこっちの方が好き。いつも飲んでいるコーヒーに近いから。」とコメントをしていました。

ボクは、ずうっとテイスティングを学んでいるので、どういうものがクオリティが高くて、どういうものがクオリティが低いのかを勉強しているので、劣る部分があると、そこが美味しくは感じないのですが、一般消費者はそういうクオリティ目線ではなく、「好みの追求」をしていますので、こういうことは多分にあることなのです。

以前のボクもそうなのですが、多くの人たちは「自分はそれなりに分かっている」と思い込んでいます。
ボクもそうでした。
自分は「品質はある程度は理解している。」
そう思い込んでいます。

ですが、実際は「好みの追求」となってしまっているので、品質が良いのか劣るのかで美味しさを判断している訳ではなく、好みか好みでないかで美味しさを判断しているので、とても良質なものと出会っても感動することなく素通りしてしまうことが多分にあります。

基本、テイスティングは表現力という意味合いよりも、フレーバーの情報を感じとり、「どのような特徴があるのか?」を分析することが目的だと思っています。
それくらい人の美味しさは「好み」に流されやすいということです。

当店の存在は、「良質なものをわかるようになりたい。」という人に向けて存在しています。
それは、良質なものほど作り手の想いが込められているからです。

でも、きちんと理解できなくても、なんとなくはその違いに気付いている人もたくさんいます。
「香茶屋のコーヒーはよそと比べると何かが違う。その理由を知りたい。」

そういう人は、ぜひ「テイスティングの基礎づくり講座」を受講ください。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |