CALENDAR
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2020年10月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

まずは、なにが問題点かを理解することから。
香茶屋では、店内のイスの数を減らして運営をしておりますので、当店の小さな店内では4名さままでしかご利用できない状況です。

1グループで3名さま以上でのご入店での飲食は難しいと判断していますので、入店をご遠慮いただいております。申し訳ありませんがご了承ください。
また、しばらくの期間は、店内での飲食はコーヒードリンクのみの営業とさせていただいております。

御来店人数が多い場合には、テイクアウトでの営業も行っておりますので、テイクアウトをご利用いただければと考えております。

営業時間も、
10:30 ~ 18:00 となっております。
よろしくお願い致します。

香茶屋 店主 伊藤

<本日のブログ>

ピアノを弾くようになったことは先日も書いた。
そして、学ぶためには、「学ぶための共通点」というものがある。
これは、何を学ぶにしても、とても大切なポイントだと考えています。

まずは、自分の弾いている演奏を客観視して、どこに問題があるのか?どこが良いのか?を自分で気付かないといけない。
その点、電子ピアノは録音ができる。
なので、自分の弾いた演奏を録音して自分で聴いてみることで、客観視ができるようになる。
すると、いろいろなところに気が付くことができる。

するとどうやらボクの一番の課題はリズム感にあるみたいだ。
そこで、「じゃあ、リズム感を鍛えるトレーニングは何をすればいいのか?」という疑問と改善点が登場する。

そして、コーヒー焙煎に携わってきて気づいているので言いますが、間違ったトレーニングでは成長は望めないことを知っているので、正しいトレーニングの方法を探すことから始めなければなりません。

なので、何が正しいトレーニング方法なのか?を、片っ端から調べることから始めるわけです。
その中から、正しいであろうと思うロジックを持つトレーニング方法を取り入れることをする。
すると、上達が望めるという仕組みです。

なので、まず1番最初に「本当の問題点に気づくこと」が一番重要で、その次に「正しいロジックの元でおこなうトレーニング方法」という流れになるのだと考えています。

ボクは何年もかかって嗅覚の育成のトレーニングをしてきていますが、その中でいろんなことをしてきました。
そして、勘違いをしていたトレーニングの方法では、その成果が望めないのです。

そのための原点は、問題点が何であるのかをキチンと把握することが一番重要なことです。
意外と、それすら勘違いをしている人が多く、そのためトレーニングをしているのに成果が上がらないという人が多いのだと考えています。

それが自分で気づけない人は、名トレーナーの下で学ぶことなのだと思います。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |