CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
<<前月 2021年01月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

味づくりの幅が広がる。
<お知らせ>

2/14(日) ほしの市出店のため、お店はお休となります。

よろしくお願い致します。

<本日のブログ>

昨年あたりから、フレーバーの中で登場しているカテゴリが、より見えるようになってきていることに気づき始めた。
すると、ベースであるフレーバーが、他のフレーバーと合わさって「そのフレーバー」を形つくっていることが理解できるようになった。

焙煎という味づくりの根幹で、ベースであるフレーバーの役割は大きい。
そのベースであるフレーバーをどのように登場させるかで、ニュアンスは変わってしまうので、そこら辺を考えて取り組んでいこうと考えています。

ちなみにベースであるフレーバーとは、ボクが考えるに「コーヒーの種から由来している」香りの情報です。
どのような植物系の種子由来の香りなのか?ということです。

ベースの植物系の香りは、ハーブ(葉)、ウッディ(木)、穀物(豆・イモ)、スパイス、くらいの種類に要約できると考えています。
それらと他のフレーバーが合わさることで、特徴的なフレーバーとなったりしているということです。

ですので、ボリュームを作るのか、明るくするのか、粘性を豊かにするのか、いろいろと焙煎の目指す味づくりで特徴的なフレーバーも表情を変えるということです。

より細かなところを見れるようになることで、味づくりの幅も広がってゆくので、また課題が増えていきます。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |