CALENDAR
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
<<前月 2019年03月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

新豆入荷情報。
今年に入り、新豆に入れ替わったコーヒー豆が2種類登場しています。

1つは、
「2017~18 エチオピア・イルガチェフェ・コンガ」で、
2つ目は、
「2017~18 インドネシア・リントン・ビートル」という商品です。

1つ目は、俗に言う「モカ」ですが、精製方法がウォッシュドタイプのモカ・コーヒーで、ローストレベルは酸味を活かした「シナモンロースト」です。

2つ目は、俗に言うところの「マンデリン」で、ローストレベルはちょっとだけ深い「ハイロースト」です。
結構良質な豆で、スムースでクリーンな滑らかさと、ロースト由来のスイートチョコレートのフレーバーが心地よい、当店では初めてインドネシア・コーヒーを取り扱います。

インドネシアの俗に言う「マンデリン」の特徴は「アーシー」と言われたりしますが、earthy(アーシー)は、Earth(アース:地球)という意味合いから来ていて、「大地のような」や「土のような」という印象のフレーバーが登場してきます。

スペシャルティコーヒーの場合は、ポジティブなフレーバーでないと、そのランクに入れないので、アーシーのフレーバーもクリーンさが伴いポジティブになってくることが挙げられます。

今年の仕入れの目玉商品が、このインドネシア・コーヒーです。
今まで感じていた印象とはまた違うフレーバーがあり、当店が今までインドネシア産のコーヒーを置かなかったのも、それほど良質なフレーバーのインドネシア・コーヒーに出会ったことが無かったためです。

ですが、今回仕入れたインドネシア産のコーヒーには、クリーンさがあり、とてもポジティブなアーシーさが見受けられます。
若干ローストが深いレベル(ハイロースト)で、提供をしておりますので、酸味も穏やかに登場している感じです。

初夏を迎える手前くらいまでの在庫の確保になりますので、それまではこのインドネシア産のコーヒーをお楽しみください。

インドネシア・コーヒーは、まだwebショッピングカートの準備が整っておりませんので、もうしばらくお待ちください。
エチオピア・イルガチェフェは、web対応済みとなっています。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |