CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2019年05月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

ひとつのことを掘り下げれる人は、応用が効く。
聞きたいことがあったとして、「なにを聞きたいのか?」または、「なにを知りたいのか?」という思いが人にはあるものです。

しかし、以外と「聞きたいこと」が漠然としすぎていたり、「聞きたいこと」を深く掘り下げていなかったりして、「聞きたいこと」がピンポイントで聞けなかったりするものです。

やはりこれは考えるべきところで、自分は「なにを聞きたいと思っているのか?」という自分と向き合って、自分が探している情報であったり、自分がなにを「掴み取りたいのか?」を掘り下げてみることで、またいろいろと理解が進むことだと思うのです。

コーヒーを口内で感じる感覚というものも、実際は見る視点が結構複雑で、以外と偏って見ている人がほとんどですので、「どこをどういう感覚で、どういう視点で見るのか?」ということが質を見る場合は問われるものです。

その「どこをどういう感覚で、どういう視点で見るのか?」は、たぶんいろんなビジネスの視点にも使えるもので、そういった目線を使えるようになることで、いろんなことの理解が進むことだとボクは考えています。

ただ単に、コーヒーの質を読み取るという一見なんの役にも立たないような情報ですが、きちんと見れるようになってくると、そのスキルは他のことにも応用ができることに気がつくことでしょう。

ですので、なにかひとつのことを掘り下げて考えていける人は、その応用ができるようになるということなのだとボクは考えているのです。

以外と「質を見る」ということは、難しいスキルですので、興味がございましたら、コーヒーの質を読み取ってみてはいかがですか?

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |