面倒臭いから、良質さは生まれない。
よく言われる「ことば」がある。

それは「面倒臭いから」という「ことば」だったりする。
その面倒臭いことをプロはキチンとやってのける。
だからこそ、それ相当の代金をもらうことができる。

ご家庭では、その面倒臭いことができない人も多いので「お店で提供されるような味」にはならないということです。
なので、逆に考えてみてもらいたいのです。

ご家庭で、お店で提供されるような味を作るためには、お店で提供されるプロセスをすればよいだけのことなのです。

どういう道具を選んで使っているのか?
どういうお水を使っているのか?
それらを解決するだけで、劇的に味わいは変わることでしょう。

そして最後に技術と呼ばれるものがありますが、技術の考え方としましては、それほど難しいことではないので、そのロジックを講座などで受講すれば、ご家庭でもそれなりの味わいのコーヒーを召し上がることができるようになるものです。

「面倒臭い」は、かなりの美味しさを損ねます。
同じ価格の、同じコーヒー豆だとしても、美味しさが変わってしまうのです。
ですので、美味しさを取るのか?
それとも、面倒臭さから簡単を取るのか?
その選択肢だけで、確実にカップの中の液体の評価が変わってしまうということです。

ボクなら、美味しくなかったら飲まなくていいという選択肢があるのですが、好きな方だとやっぱり飲みたいものなのでしょうね。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |