CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<<前月 2019年01月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

今年も、ありがとうございました。
年始の営業時間のお知らせ
1/1~1/4 まで、お休みをいただいております。

1/5(土)より、営業致します。
営業時間は、10:00 ~ 17:00 となります。

また、新年1月より、ゆうメール便の送料が値上げとなります。
現在ですと、260円(税込)で日本全国厚さ3cmまでのA4サイズは発送が可能なのですが、来年1月の発送からは内容は同じですが、お値段が「350円(税込)」となります。

年内の発送業務は終了となりましたので、新年の発送は1/5(土)より順次おこなっていきますので、よろしくお願い致します。
香茶屋 店主 いとう

さて、今年の香茶屋の一大ニュースとしましては、SCAA主催の焙煎の競技会「JCRC」にて、予選を通過し、決勝大会に進めたことではないでしょうか。
そして決勝にて、全国3位に入賞させていただけたことが、今年の一番のニュースだったと思っています。

ですが、実のところその副産物として、焙煎のより繊細な扱い方が理解できたことが、実のところ一番の実りだったように思っています。

コーヒー豆の品質として、一番重要なポイントが「クリーンカップ」だと考えられています。
クリーンカップが基盤となっていて、その上にその他の表現が加わってくるからです。
しかし、クリーンカップは、コーヒー豆の素材そのものが持つポテンシャルと、焙煎によってもたらされるクリーンカップとがあるということです。

その両方が引き出されたときに、うっとりとするクオリティのコーヒーが出来上がるということなのです。
逆に言えば、いくらクオリティの高いコーヒー生豆を仕入れたとしても、焙煎のクオリティが低かった場合は、コーヒーの液体のクオリティも下がってしまうということなのです。

当店の場合は、通年をとおして88点UPのコーヒー豆の販売は無かったりします。
86~88点未満のレンジの豆は通年をとおして販売をしておりますが、なかなか88点オーバーのコーヒー豆の入荷の頻度は低いのです。

そのため、出来るだけ焙煎や、抽出での段階でクオリティを下げないという取り組みをずうっとしてきているのです。
そうすることで、86~88点未満のコーヒー豆でも、クオリティを下げないという取り組みで、かなりうっとりとする美味しさが手に入るものだということがわかってきています。

その最たることが、「焙煎でクオリティを下げない」という焙煎技術です。
それが、実ってきたと言えるでしょう。

ほんのちょっとした設定ミスで、焙煎でのクオリティは下がりますので、通年をとおして焙煎のクオリティを安定させることが、これからボクがしていかなければならない仕事だと考えています。

ということで、来年はさらなる飛躍の年になるように、いろんなことに興味をもって取り組んでいきたいと考えています。

今年も1年間、どうもありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。

香茶屋 店主 いとうたかひろ

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |