CALENDAR
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
<<前月 2019年07月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

ナチュラルの良さを伝えたい。
現在、「ブラジル・シティオダトーレ農園・イエローブルボン種・ナチュラル」のコーヒー豆を販売しています。

商品名の最後の「ナチュラル」は、精製方法を指しています。
ナチュラルは日本語では「自然乾燥式」とも呼ばれており、その言葉とおりで、収穫されたコーヒーチェリーを天日によって乾燥させるものです。

天日によりじっくりと乾燥させるため「やわらかな粘着性のある甘さ」が登場するのが特長です。
その「粘着性のある甘さ」が、良質なものであれば「コーヒーチェリーの果肉の甘さ」が登場してきます。
すこし劣ってくると「発酵臭」がその甘さに混じってくるのが特長です。

現在販売している「シティオダトーレ農園・ナチュラル」は、とてもクオリティが高く感じるのは「コーヒーチェリーの果肉の粘着性の甘さ」のジューシー感が登場している点です。

特に精製方法の「ナチュラル」は、水洗式の精製のコーヒー豆と比べると、お水を利用しての「比重選別」などがなされないため、未熟豆や欠点豆の混入が多く、一般的には水洗式(フリーウォッシュド・パルプドナチュラル)の精製のコーヒー豆のほうが品質は高いと思われてきた背景がありますが、近年では完熟したコーヒーチェリーのみを収穫し「高品質なナチュラル・コーヒー」を目指す農家が登場してきています。

ブラジルのCOE(カップ・オブ・エクセレンス)では、ナチュラル部門があるくらい、ナチュラルの精製の技術力が上がってきているのです。

昨年のパナマ・エスメラルダ農園のオークションでも「ナチュラル」が数多く出品されていたことと、その品質の高さから、今後のスペシャルティコーヒーのマーケットの中で、ナチュラルが頭角を現してくることは間違いありません。

そのためにも、ナチュラル・コーヒーを、焙煎でよりポジティブな印象を与えなくてはいけないことが、焙煎をする人間の務めであることだと認識しています。

現在、かなりこの「シティオダトーレ農園・ナチュラル」の焙煎の状態が良いと感じていますので、このコーヒー豆が売切れてしまう前に、一度召し上がっていただきたいと考えているのです。

ナチュラルは、好き嫌いが分かれますけど、とっても美味しいんですよ。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |