CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
<<前月 2019年09月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

飽きもせずに、日々フレーバーの分析をしています。
ボクは、飽きもせずに毎日毎日「口の中に広がる世界」の捉え方を分析している。

ほとんど一般の人には必要のない情報で、自分でもこんなことをしていて興味を持ってくれる人がいるのだろうか?と思うことがあるのですが、それが「チラホラ」なのですが、その存在に興味を持ってくれるお客さまから直接感謝の言葉を耳にすると、続けてきてよかったなぁと、また頑張ろうと思うのです。

特にこういった感覚の世界では、生まれつき感覚の敏感な人というのは、一般の人とは感覚にズレがあってなかなか共感できる人と出会うことが少ないので、それを理解できる人たちと出会うことで「共感できる」と言う感情が芽生えます。

要は「言っていることが、お互いに共感できる」と言う時間を共有できるというわけです。
生まれつき嗅覚が敏感な人は、それほど多くは存在しておりませんので、なかなかそういった人たちに出会えることも少ないですし、自分が「ここ」が美味しいと思ったとしても、「ここ」を見れる人が少ないため、美味しさの共有もなかなかできないのが現状なのです。

ボクは、元々は嗅覚が一般の人並み程度の感覚しか持ち合わせておりませんでしたので、そこが理解できるはずもなく、良質なコーヒーを作るために嗅覚の育成が必要だという考えのもと、では嗅覚の敏感な人たちは「どういった世界を見ているのか?」に興味が湧き、そこを分析して自分でも見れるようになるためになるために色々と考えてきた結果、今があるのです。

そして、大切なポイントは、嗅覚が成長してくると「香りの元をたどる能力」が覚醒してきます。
その能力が使えるようになることで、口の中で広がる香りの情報から、香りの元をたどることで、いろんな理解ができるようになります。

コーヒーの場合ですと、味わいから「素材の持つフレーバー」の情報と、「焙煎によって登場するフレーバー」の情報です。
その2つの存在が理解できるようになると、「素材の品質」と「作り手の質」の2つがひとつの味わいの中に共存しているそれら2つの視点を見ることができるようになるという訳です。

ですので、「香りの元をたどる能力」が覚醒してくるまで嗅覚の育成トレーニングを続けていくことで、香りの持つ情報からいろんな世界が見えるようになりますので、見えるようになりたい人は嗅覚を育ててください。
そこにたどり着けるようになる頃には、ある程度嗅覚の敏感な人の言っている香りの場所が理解できるようにはなると思います。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |