CALENDAR
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
<<前月 2019年10月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

夏の香り。
7月に入るころから、河川の土手や空き地などで、蔓草の「葛(くず)」がみるみるうちに成長している。

まだ葛の花はちらほらでしか咲いていないのですが、うちの相方に言わせると「風にのって前よりも感じる」と言う。
ボクは、「・・・・・。」
まだそれが、わからない。

実際に休日の早朝に土手を歩いたりすると、場所によっては「あ、葛の花の香りが。」と気が付いたりするけれど、花がどこに咲いているのかまではなかなか確認できなかったりする。

葛の花の香りは、紫色の「ぶどう」を思わせる香りで、どちらかと言うと「グレープジュース」の「グレープ」を思わせる香りがあります。夏の花のイメージで、とても良い香りがするので、ボクたち夫婦が大好きな花の香りのひとつです。

あと夏の香りとしては、「草いきれ」があげられます。
夏の暑さで、「むわっと」する「草の香り」ですが、雑草の種類によってもその「草いきれ」の感じ方が微妙に違ったりしますが、総体的にその「草いきれ」の感覚は同じです。

あとは、桜の木の周辺や、この季節のイチジクの木の周辺では、「シナモン」のような甘い香りが、強い日差しの暑さから「草いきれ」の状態と合わさって、少し「もんわり」としながら「シナモン」のような甘い香りを感じさせてくれます。
場所によっては、河川の土手の雑草でも、部分的にその「シナモン」のような甘い香りを感じる場所があったりします。
それは、気温の上昇が感じさせてくれているのでしょう。

あと、雑草の香りだと思うのですが、場所によっては「瓜(うり)系」の植物系の青臭さを感じるところがたまにあります。
スイカとかの「皮の部分の香り」です。

夏は、どちらかと言うと植物系の香りがメインで感じるような印象を受けます。

あ、そういえば「テッポウユリ」が土手に咲いていて、白い花の香りを放ちていたことを思い出しました。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |