CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
<<前月 2019年09月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

新しい焙煎技法は、とても有効的でした!
昨日の焙煎の話につづきなのですが、ある焙煎の技法をみつけ、それが『もっと良質になる「可能性が大きい」と判断した』と書きました。

昨日の焙煎をその新たな技法を用いて、設定を一定間隔で3種類を焙煎したところ、その技法がかなり有効的に使える技法であることが本日カッピングして判明しました。

ただ、まだ気になるカッピング・ポイントがあり、そこをもう少し煮詰めていくのに時間がかかりそうですが、この技法は「クリーンカップ」を際立たせるところがあるので、おのずと「マウスフィール」が際立ってくるところがポイントになります。

現状の焙煎ですと、その分アシディティ(酸味の質)の明るさに欠けるところがあるので、そこをもう少し明るさを「浮かび上がらせる」ためにはどうすれば良いのか?を探っていきたいと考えています。

コーヒーの品質において「クリーンカップ」は、すべての評価項目に手を差し伸べてクオリティを押しあげてくれる底力のある評価項目であると考えていますので、そこを焙煎によって落としてしまうことが一番「もったいない」と考えるポイントです。

そこのクリーンカップを際立たせることができる技法が見つかったので、あとは「明るさ」と「ボディ」の関係性から、そこのバランスを見つけてあげたいと考えています。

焙煎は、バランスですので、どこかに設定の出せるポイントがあるはずなのです。
ただ、その設定を見つけることが難しいというだけのことなのです。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |