CALENDAR
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
<<前月 2019年12月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

見え方が変わると、新たな美味しさに気づけるようになる。
美味しさが理解できるようになるっていうのは、「見え方が変わる」という感じかなぁと思う。

多くの人たちは「酸味がキライ」だと言いますが、「酸味の見え方が変わる」と「なるほど、この酸味の感じ好きかも」になるのです。
ボクも、好きな酸味の出方と、嫌いな酸味の出方があったのですが、口の中での「見え方が変わってきた」ことで、嫌いな酸味の出方があったとして「美味しく感じる」ようになってきたのです。

この「見え方が変わる」は、「ちがう感覚で見る」ということかもしれません。
口の中で使っている感覚は、「味覚」と「嗅覚」と「触覚」の3つですので、どの感覚をメインに使って見るのか?ということなのではなかろうか?と考えています。

ほとんどの人は、生まれてから今まで「自分の感覚」として感じていますので、それを意識的に3つの感覚のうち、今回は「この感覚で見てみよう」はなかなかできません。

ですが、これもトレーニングで、3つの感覚を意識して、いろいろと試しているうちに、徐々にそれぞれの感覚の感じ方が分かるようになってきますので、そうすると意図的に思った感覚で見れるようになるということです。

このように感覚を意識して切り替えができるようになれば、違った側面から美味しさを捉えれるようになってきますので、「今までの人生で感じていた美味しさ」とはまた異なる美味しさに出会える可能性が増えるのです。
要は、新たな感覚の美味しさが、人生で初めての経験だったりするということです。

この可能性は、トレーニングしなければ見えるはずもない美味しさですので、興味がありましたら当店のテイスティングの基礎講座を受講してみることをオススメしております。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |