CALENDAR
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
<<前月 2020年01月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

液体の景色を見るために。
今日改めて気がついたことは、液体のコーヒーを分析する際は、「液体としての情報」と「フレーバーの情報」は、使う感覚が異なるということです。

ですので、意外とその両方の情報の「液体の景色」をキチンと見れている人は極めて少ないという事実。
ある程度の感覚を持つ人だとしても、どちらかの優位な感覚で偏って見ている人がほとんどなのです。
もちろん、両方ともキチンと見えていない人の方が圧倒的に多いので、片方だけだとしても見えていれば、ある程度のことまでは理解できますので、まずは自分の優位な感覚から見れるようになると面白くなってくることでしょう。

個人的には、先に「液体としての情報」がある程度読み取れるようになり、それから嗅覚が成長したことで「フレーバーの情報」が見えるようになってきた背景があります。

ただし、これは人によっても成長過程はさまざまで、先にフレーバーの情報が見えるようになる人もいます。
ここで言いたいことは、その2つの異なる情報が見れるようになって、はじめて液体として「いろいろな景色」が見えるようになるということです。

それらの景色が見えるようになって初めて、「では、それらの情報の”質”はどういう情報?」ということなのです。
ボクもそうでしたが、まずは液体として分析できるようになってから、「質の理解」が徐々に気がつけるようになってきた背景があるので、まずは「液体の景色」が見えるようになることから取り組んだ方が理解が早いことでしょう。

そういう例えがありますよね。
「急がば回れ。」

早く理解し、成長したいならば、まずは「液体の景色」がキチンと見えるようになることが先決なのだということです。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |