脳の可塑性とか、シナプスの可塑性を利用しているんじゃないかな。
この言葉を知ったのは、ラジオから聞こえてきた「脳の可塑性」という言葉を聞いたことがきっかけでした。

脳の可塑性は、元々医療の現場で使われる言葉なのですけれど、脳梗塞などで脳の一部が死んでしまったとしても、脳は生きている別の分野の脳を使い、新たに別の回路で無くなってしまった脳の代わりを補う能力があるのだと解明されていて、その無くなってしまった脳の機能を、別の脳の一部が、新たにその代わりを補うように変化していくことを「脳の可塑性」と言うらしいのです。
(*専門ではありませんので、詳しく知りたい場合は調べてみてください。)

これは、もう20年くらい前に飼っていたウチの犬が、交通事故で後ろ足が動かなくなってしまい、獣医さんからは「もう一生治らない」と言われていたのですが、数年後には麻痺は残っていたのですが、よちよちと後ろ足も使い歩くことが出来るようになりました。
これが、脳の可塑性で、シナプスの可塑性とも言われています。

なぜ?こんなことを書いたのかと言うと、脳のスゴイと思えるところは、使い方次第で医学の無理を、可能にすると言うことです。
ウチの犬は、人の言葉が理解できなかったから、獣医さんの「一生治らない」は理解できずに、ずうっと動かない後ろ足に、今までのように「動け」と意識していたに違いありません。
それが、動かない後ろ足を動かせるように働きかけ続けた結果、奇跡が起こったのだと推測します。

要は、「あきらめない」と言う前向きの気持ちが、脳に別の回路を作り出させるのではないのか?と考えるのです。

ボクがある時考えた思考には、今見えていない香りの世界をもっと見えるようになりたいと思う「強い気持ち」に脳が刺激され、何らかの回路を作り出し、より繊細な香りの情報が理解できるようになるのではないかと考えるようになったのです。
それが、ボクの考える「脳の可塑性」と言う意味で、それは「あきらめない」と言う強い気持ちから来ているのではないかと言うことです。

そして、それを可能にさせるためには、その目標とする「世界観の存在を認知すること」で、それを「あきらめない」ということです。

ボクの場合は、ボクが見えていない「香りの存在を認知できたこと」がきっかけで、それを感じ取れるようになりたいと強く思いながら日常生活を送ることから始まりました。

そして、たぶん嗅覚には秘めた能力があるものだと思っていて、五感の中で唯一脳とダイレクトに繋がっている器官は「嗅覚」だけなのです。
その嗅覚を育成していくことで、他の感覚も相乗的に感覚の感度が向上していく事は、ボクも経験することで理解をしているので、偶然だとはいえ、コーヒーのフレーバーの理解のためにする「嗅覚の育成」が、その他の五感にも何らかの作用を働かせるようになるのだとボクは考えています。

ただし、ボクも経験しているように、嗅覚の成長には時間がかかります。
でも、あきらめないで毎日の日常生活の中にトレーニングを組み込むことで、必ず嗅覚はゆっくりと成長をして行きますので、あきらめないで香りのインプットや、香りの存在を意識して生活をしていくことが大切です。

それを続けていくことで、数年後には、ボクの言っていることが少しずつ理解できるようになることだと思います。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |