リズムと色調と色彩、そして風味。
リズム。
今まで、その存在は当たり前のように知っていたのですが、それがそれほど大事なものであったという認識ではなかった。
それは、自己流ですが趣味でボイス・トレーニングをしていることで、意識がそこにあり、とあるテレビ番組でリズムの重要さを再認識させられた。

正確なリズムの上に曲が成り立っていることを理解すれば、そのリズムというものは基礎になっていることに気づく。
基礎はやっぱり物事を支える一番重要な要素なので、基礎との関係をしっかりと認識する必要性があるのだと気づいたのです。
リズムを掴まなくて、曲は成り立たない。ということは、リズムを意識しないことには、曲をキレイに歌うことはあり得ないと言うことです。

そして、ボクはなんでも結び付けて考える方なので、もしかしたら風味ともどこかで結びついている箇所があるかもしれない。
そう考えると、リズムと風味とリンクしている箇所を探してみようと言う発想にもつながる。

もしかして、リズムと風味とリンクする箇所が見つかったとしたなら、色彩とリズムも組み合わさる風味が作り出せる可能性が有る。

そもそも音階で色調を感じる人が居ると聞いたことがあるので、もしかしたならその可能性はゼロではないはず。
ただ、それをボクが見れるかどうかが問題なだけ。
いつの日か、リズムと色調と色彩、そして風味がリンクする箇所に気づけるようになれればいいなぁと思いながら、今まで通りに趣味のボイストレーニングと、そしてコーヒー焙煎と、テイスティングを学んでいこうと思う。

すべて世の中の事象は繋がっていると考えれれば、あり得ないことではない。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |