雨粒を弾くものと弾かないもの。
香茶屋では、しばらくの間、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、店内での飲食は自粛させていただく形をとり、コーヒー豆の販売およびテイクアウト・ドリンクコーヒーのみの営業とさせていただいております。

お客さまが入店されている時は、お店のドアも開放させていただき、お客さまの入店人数も制限させていただく形でしばらくは営業させていただく予定です。

営業時間も短縮しています。
11:00 ~ 18:00 の営業時間で、コーヒー豆の販売およびテイクアウト・ドリンクの販売とさせていただいております。
ご了承ください。

来週から、喫茶コーナーでの飲食をどうしようか考えています。
詳細が決まりましたら、ご報告いたします。


<本日のブログ>

今朝、車をお店から少し離れた駐車場に止め、そこから雨の中を傘をさして歩いてきた。
木々に落ちた雨粒が、葉や枝、幹に濡れながら雨粒だった水は下に落ちる。

木々に染み込む雨粒と、木々が弾いて落ちる雨粒がある。
葉は、雨粒を弾く木々がほとんどで、枝も先端に近くほど雨粒を弾いている。
しかし、幹になると、幹の色が濃い「マットな茶色」となり、水を弾かずに染み込んでいる。

逆に雨粒を弾くものは、表面がツヤツヤ、ツルツルしていて、色も光沢があったりする。
雨粒を弾くものと、弾かないもの。

その違いが、表面の色が光沢とマットさの違いだったりするのだと思った。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |