人に教えることができる人は
香茶屋では、店内での飲食を再開しておりますが、3密を避けるための対策をしながらしばらくの間は、店内のイスの数を減らして運営をしておりますので、当店の小さな店内では4名さままでしかご利用できない状況です。

1グループで3名さま以上でのご入店での飲食は難しいと判断していますので、申し訳ありませんがご了承ください。
また、しばらくの期間は、店内での飲食はコーヒードリンクのみの営業とさせていただいております。
ご了承ください。

御来店人数が多い場合には、テイクアウトでの営業も行っておりますので、テイクアウトをご利用いただければと考えております。

営業時間も、しばらくの間、
11:00 ~ 18:00 となっております。
よろしくお願い致します。

香茶屋 店主 伊藤

<本日のブログ>

以前は満開の花がキレイだなぁとか心に響いていた。
でもこの年になって初めて「葉っぱ」ってキレイだなぁと思えるようになった。
特に「芽吹いたばかりの葉っぱ」は、とってもキレイなのです。
すると、おかしなもので、花をみたり、葉っぱをみたりできるようになった。

こう言う視点は、どんなものにでも当てはめることができる。
口の中で広がる味わいでは、何を見るのか?
味覚寄りの味わいなのか?風味(フレーバー)寄りの味わいなのか?
それとも、液体をみるのか?それとも、フレーバーをみるのか?
フレーバーは、酸味のフレーバーをみるのか?それとも、甘さのフレーバーをみるのか?
細かなところまで感じることができるようになると、見え方を選択することができるようになる。
見えてしまうことで、見たくないものは見ないようにすることもできる。

ですが、これらを生まれつき感じ取れる人たちは、とても少ない。
ボクも学ぶことで、それらを感じ取れるようになったからです。

そして、感じ取れるようになって気づきます。
生まれつき感じ取れる人は、それが当たり前の現象なので、どうすればそれを感じ取れるようになるのかが理解ができないので、人に教えることが難しいのです。

名選手が皆名コーチにはなれないと聞いたことがあると思いますが、そういうことなのです。
凡人が学ぶことで身につけたスキルは、苦労して身につけたスキルです。
人に教えることができる人は、自分で苦労して身につけたスキルしか、人には教えられないのだとボクは考えているのです。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |