CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
<<前月 2020年08月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

フレーバーから、設定の場所をたどってゆく。
香茶屋では、店内での飲食を再開しておりますが、3密を避けるための対策をしながらしばらくの間は、店内のイスの数を減らして運営をしておりますので、当店の小さな店内では4名さままでしかご利用できない状況です。

1グループで3名さま以上でのご入店での飲食は難しいと判断していますので、入店をご遠慮いただいております。申し訳ありませんがご了承ください。
また、しばらくの期間は、店内での飲食はコーヒードリンクのみの営業とさせていただいております。

御来店人数が多い場合には、テイクアウトでの営業も行っておりますので、テイクアウトをご利用いただければと考えております。

営業時間も、しばらくの間、
10:30 ~ 18:00 となっております。
よろしくお願い致します。

香茶屋 店主 伊藤

<本日のブログ>

職業病というのか、コーヒーを飲んでいて気に入らないところがあると「この設定はどこだろう?」という目線でコーヒーの味作りを見てしまう。

何度も言っているのですが、コーヒーは焙煎という作業でコーヒー生豆に熱量を与えることで、香りや甘さなどの味わいが登場する。
日本には季節の移り変わりがあるので、大気の持つ熱量が変化していくため、何もしないでいても勝手にコーヒー生豆に与えられる熱量は変わってしまいます。

なので、勝手に移り変わってしまうコーヒー生豆に与える熱量を、作り手が微調整してあげないことには、どんどんズレていってしまいます。
「いつ飲んでも美味しいね」や「この味が香茶屋の味だね」は、微調整を施しているからなのです。

なので、焙煎をしている人たちは、コーヒーを飲んで「もうちょっとこうしたい。」は、設定の場所をどう変更するのか?を考えていることになります。

それが出来なくては、コーヒーの焙煎が思うようにはいきませんので。
ですので、コーヒーを焙煎している人たちは、コーヒーのフレーバーから焙煎の設定をたどっていける能力が備わっているということです。

ただ、焙煎の設定は繊細に焙煎する人ほど、設定の数が多いので「どこの設定を?」というくらいややこしい問題なのです。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |