CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
<<前月 2020年08月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

「こだわり」に違和感を感じる人。
香茶屋では、店内での飲食を再開しておりますが、3密を避けるための対策をしながらしばらくの間は、店内のイスの数を減らして運営をしておりますので、当店の小さな店内では4名さままでしかご利用できない状況です。

1グループで3名さま以上でのご入店での飲食は難しいと判断していますので、入店をご遠慮いただいております。申し訳ありませんがご了承ください。
また、しばらくの期間は、店内での飲食はコーヒードリンクのみの営業とさせていただいております。

御来店人数が多い場合には、テイクアウトでの営業も行っておりますので、テイクアウトをご利用いただければと考えております。

営業時間も、しばらくの間、
10:30 ~ 18:00 となっております。
よろしくお願い致します。

香茶屋 店主 伊藤

<本日のブログ>

「こだわり」という違和感。

ボクは自分のお店を持つ以前より、「こだわり」という言葉になぜだかわからなかったのですが、「違和感」をずうっと抱いていました。
その違和感は、とてもポジティブには受け取れなくて、皆が「こだわり」をポジティブに捉えている現状にモヤモヤとした違和感があります。

最近はテレビを見ていても、「こだわり」という言葉が前面に押し出されていて、「こだわり」のある商品をセレクトし、その「こだわり」に囲まれた生活スタイルが羨ましがられたり、「こだわり」がとてもポジティブに受け入れられる時代なのだと考えてしまいます。

ですが、ボクはその「こだわり」に違和感を覚え、そしてこれからも「こだわりたくない」と考えながら生活するのだろうなぁと思っています。

だからこそ、感覚は大事で、感覚を磨いていくことが大切なのだと考えるタイプです。

それは、例えですが「こだわり」のコーヒー豆と、この「こだわり」のお水を合わせたら、絶対に美味しくなる!と、こだわりを持つ人は考えるのでしょうけれど、それは正しくないことを知っているからです。
偶然、美味しくなることはあるかもしれませんが、その考え方ではなくて、このコーヒー豆に合うお水はどんなお水だろう?からスタートして、感覚を使って合うお水を選んでいくことで初めてそのコーヒー豆に合うお水を選ぶことが出来るようになるからです。
もちろん選び方のロジックも重要で、それを意識していくことでロジックは自ずと整理されていくものです。

「こだわり」という言葉に違和感を感じる方でしたら、ボクの考え方を受け入れてくれる可能性が大きいと思いますので、ぜひ一度ボクのコーヒーを召し上がってもらいたいと思います。
なかなか「こだわり」に違和感を感じる人も少ないのですけど。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |