CALENDAR
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
<<前月 2020年08月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

ピアノの構造を知ると楽譜がなんとなく読めるようになる。
香茶屋では、店内での飲食を再開しておりますが、3密を避けるための対策をしながらしばらくの間は、店内のイスの数を減らして運営をしておりますので、当店の小さな店内では4名さままでしかご利用できない状況です。

1グループで3名さま以上でのご入店での飲食は難しいと判断していますので、入店をご遠慮いただいております。申し訳ありませんがご了承ください。
また、しばらくの期間は、店内での飲食はコーヒードリンクのみの営業とさせていただいております。

御来店人数が多い場合には、テイクアウトでの営業も行っておりますので、テイクアウトをご利用いただければと考えております。

営業時間も、しばらくの間、
10:30 ~ 18:00 となっております。
よろしくお願い致します。

香茶屋 店主 伊藤

<本日のブログ>

ピアノを少しだけでも嚙ると、ピアノの音の考え方を知らなければならなくなる。

まだ、きちんと理解できている訳ではないのですが、ピアノの鍵盤には白と黒の2色があることは、ほとんどの小学生以上の人は知っていることだろう。
そこで、音楽をきちんと学んでいない人は疑問に思うことが登場する。

なんで、「ミ」と「ファ」の間に黒い鍵盤が無いのか?
なんで、「シ」と「ド」の間に黒い鍵盤が無いのか?
という疑問。

それが、ピアノを教わることで知ってしまう。
「ミ」「ファ」の間と、「シ」と「ド」の間は「半音」しか違わないので、「半音の黒鍵盤が無い」ということに。
白鍵盤でも「ミ」「ファ」と「シ」と「ド」は半音の音階の違いだという事実。
それ以外の白鍵盤の「ド・レ・ミ」「ファ・ソ・ラ・シ」は1音ずつの音階という事実。

そして、曲によってはそれらの事実を補うために「半音階」の「#:シャープ」と「♭:フラット」を強制的に「半音階」で調整しないといけなくなるということ。

ピアノは押せば音が出る構造なので、この考え方を知らないと、楽譜を読めるようにならない。
楽譜が読めないことには、ピアノが弾けないので、ここでつまずいたらピアノが弾けるようにはならない。
だから、なんとなくその考え方は理解した方がいいみたい。

そして、カタコトでも音が鳴るようになると、これが楽しいのです。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |