CALENDAR
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2020年10月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

「学ぶ。」は、思いから。
香茶屋では、店内のイスの数を減らして運営をしておりますので、当店の小さな店内では4名さままでしかご利用できない状況です。

1グループで3名さま以上でのご入店での飲食は難しいと判断していますので、入店をご遠慮いただいております。申し訳ありませんがご了承ください。
また、しばらくの期間は、店内での飲食はコーヒードリンクのみの営業とさせていただいております。

御来店人数が多い場合には、テイクアウトでの営業も行っておりますので、テイクアウトをご利用いただければと考えております。

営業時間も、
10:30 ~ 18:00 となっております。
よろしくお願い致します。

香茶屋 店主 伊藤

<本日のブログ>

言葉というものは、伝わりづらい。
それは、なんでかと言うと「言葉の意味は幅広いから」。
同じ言葉でも、その持っている意味とボリュームは、人それぞれ異なるからだと考えている。

なので、香茶屋のコーヒーを説明した場合に「酸味の美味しさ」と言っても、ボクの思い描いている「酸味の世界観」を同じレベルで感じ取れる人でないと、本当の意味の「酸味の美味しさ」は理解できない。

だけど、言葉で説明するしかない。
言葉の持つ幅広い世界観を持って、想像してもらうことで、感じ取れない世界を想像してもらう。
そして、それらを感じ取れている人たちがいるという感覚を抱いてもらいたい。

学びとは、そいういう世界なのだと思うのです。
今の自分には感じ取れないけれど、それらを感じ取れている人たちがいる。
私も、その世界を見れるように、感じ取れるようになりたい。
それが、学びの原点なのではないのだろうか?

ボクも嗅覚の育成を始めたきっかけが、自分の嗅覚の鈍さを実感したことがきっかけだった。
ボクの感じ取れない香りの世界を、感じている人たちがいる。
ボクもその世界を感じたい。
そして、もっと微細なフレーバーの世界観の美味しさを自分の手で作り出したい。

そういう思いが、人を学ばせ、そして成長させるのだと思う。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |