CALENDAR
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
<<前月 2020年10月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

向き不向きの本質。
香茶屋では、店内のイスの数を減らして運営をしておりますので、当店の小さな店内では4名さままでしかご利用できない状況です。

1グループで3名さま以上でのご入店での飲食は難しいと判断していますので、入店をご遠慮いただいております。申し訳ありませんがご了承ください。
また、しばらくの期間は、店内での飲食はコーヒードリンクのみの営業とさせていただいております。

御来店人数が多い場合には、テイクアウトでの営業も行っておりますので、テイクアウトをご利用いただければと考えております。

営業時間も、
10:30 ~ 18:00 となっております。
よろしくお願い致します。

香茶屋 店主 伊藤

<本日のブログ>

ボクは今年からピアノを弾き始めることになったのですが、楽しさの中のひとつには「なかなか上達しないから楽しい」というものがある。
毎日のように向かい合っても、なかなか上達しない。

だから、いろんなことを四六時中考えたりする。
そして、思いつく練習法などを色々と試してみる。
だけれど、その思いついた練習法のほとんどは効果がなかったりするのですが、稀に「あれ?これ効果的?」があったりして、それがまた嬉しかったりする。

なかなか上達しないことは、続けることが難しい。
だからこそ、何かしら本当に好きではないことには続かない。

今回、ボクのお気に入りのレストランのシェフに話を聞いていて思ったのですが、シェフは「仕込みが好きだ」と言っていた。
ボクもケーキなどお店で作ったりするから、その面倒臭さは理解できる。
そして、ボクはどうやらその「仕込みが嫌い」なのだ。

でも、コーヒーの焙煎はとても楽しくて、面白くて「好き」なのだと思っている。
なかなか上達しないという面白さの中にも、自分に向いているものと、向いていないものがある。

どうせなかなか上達しないのなら、自分がしていて楽しいものを選んだ方がいい。
どうせ、大半の時間はなかなか上達しないことを考えることになるのだから、それなら同じ時間を悩むのなら、自分が苦に感じずに、それに時間を取られても、お金が思うように儲からなくても、自分がしていて楽しいことをした方が笑顔でいられるのだと思うのです。

ボクは、それがコーヒー焙煎という仕事だったということなんだと、シェフとの会話を振り返り、つくづく思ったのでした。

向き不向きの本質は、それをしていて楽しいか、楽しくないかということなのだと。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |