香茶屋
MENU

読み物。

Blog

水出しアイスパックの抽出。

公開日:2021年4月8日更新日:2021月04月08日
カテゴリ:抽出のはなし。

水出しアイスパックの抽出。

当店の水出しアイスパックの商品の抽出の仕方を説明します。

まず、用意するもの。
1・当店の水出しアイスパックを用意します。
2・麦茶を作るときのような口の広い1.5L以上入るポットを用意します。
(*事前にポットに計量カップで、1.4Lのお水を入れて、マジックで印を付けておきます。)

お湯を沸かし、沸騰しましたら1.4Lの1/3~1/4くらい熱湯を注ぎ、水出しアイスパックを落とします。
(お水の場合だとよりスッキリとした味わいになり、時間も4〜5時間ほど浸け込みます。)

熱湯に4分間浸けこむのですが、
この時にしっかりとアイスパックをお湯に浸けたいので、大きめのスプーンなどでお湯の中に押しつけます。
お箸などの尖ったものを使うと、アイスパックが破けてしまいますので、平たいスプーンなどをご利用ください。

4分間熱湯に浸けこみましたら、浄水器を通したお水を使うかミネラルウォーターを印をつけた場所まで、お水を注いでください。

熱湯に4分間浸けこむ抽出だと、だいたい1.5時間〜2時間ほどで抽出ができます。
投入した時刻を覚えておいて、それから1.5時間ほど経ちましたら、味見をしてください。
まだ、味が薄い場合は15分刻みで味見をして、アイスパックを引き出す味わいになっていたら取り出してください。
(*アイスパックを取り出さないと抽出が進んでしまい、嫌な苦味や渋みなどの原因になりますので、必ず取り出してください。)

出来上がりで、1.0~1.1Lほどになります。
粗熱が取れるまで、常温で放置して、粗熱が取れましたら、冷蔵庫で冷やしてください。
冷蔵庫で冷えたら、お召し上がりください。

*香茶屋の考える「水出し」は基本的に「氷を入れない」状態でお召し上がりください。
冷蔵庫で冷やされたアイスコーヒーが、常温に移りゆく過程で味わいやフレーバーが変化しますので、そこをお楽しみください。

購入されたアイスパックをすぐにご利用なさらない場合は、必ず「冷凍庫で保管」をしてください。
常温や冷蔵庫では、鮮度が落ちやすいのでご注意ください。

学ぶ。

Online Seminar

香茶屋では、店主である私が歩んできた道を分析し、感覚が成長していく歩み方を伝えてゆくことで、正しいロジックのもとで各講座の「学ぶ。」が運営されています。

オンラインセミナーの詳細へ

読み物。

Blog

© kaori-chaya