CALENDAR
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
<<前月 2019年04月 次月>>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINK
PROFILE
OTHER
 

大切な透明感は、5つの基準から登場している。
今日は朝から雨が降っている。
ボクは意外と雨の日がすきだ。
それは、お店の中にいると、外の雑音を雨が遮ってくれるので、店内はとても静かで、BGMもいつもの音量なのにとても繊細な音まで聞き取れます。

そう。透明感とは、こういうことなのです。
雑音(雑味)が無いことで、繊細な音(風味)まで感じとれるようになるということです。
これが、透明感(クリーンカップ)なのだということです。

コーヒーに当てはめますと、

1・まずは大元であるコーヒー豆の透明感。
これは素材の持つ透明感で、雑味のない、嫌な風味が登場しないという透明感です。

2・次に焙煎の透明感。
これは、焙煎で雑味を登場させないことや、「ザラつき」や「ボヤけ」、半焼けの嫌な酸味などを登場させないで登場する透明感です。

3・コーヒー豆をコーヒーミルで挽くことで登場する「雑味やボヤけ」を登場させないという、コーヒーミル選びからくる透明感。

4・使用するお水選びから登場する「ボヤけ」や、お水自体が質が劣ることから登場している「雑味や嫌な風味」を登場させないとする、お水選びの透明感。

5・最後に抽出器具選びから登場する「嫌な風味」や「ボヤけ」が無いという、抽出器具選びと使用する温度などによる透明感。

コーヒーの場合は、最終的な液体になるまでに5段階の審査基準があり、その一つ一つの重要性をきちんと理解する必要があります。
そのひとつでも、間違った基準になっていると、味わいや風味の「透明感」が失われてしまっていると考えられます。

1、2まで(場合によっては3まで)は、お店側が取り組む内容ですが、3〜5はお客さま自身で取り組む問題となっています。
(*当店の場合は豆のままでしか販売をしておりませんので、3はお客さまで取り組んでもらう問題となっております。)

そして、この基準選びで重要なことは、きちんと「透明感」が理解できているかどうか?
という「感覚」の問題もあるということを付け足しておきます。

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |