2018 COE コスタリカ・ベジャビスタ農園 #22
COE コスタリカ・ベジャビスタ農園 #22 パルプドナチュラル(レッドハニー)カツアイ種のカッピングの詳細です。
910円/100gとなっています。

審査員のコメント、および平均点は、次のとおりです。
<アロマ/フレーバー>
バタースコッチ・レッドカラント・キャンディ・レッドグレープ・レッドワイン・グリーンティ・バニラ・ストロベリー・レッドアップル・オレンジピール
<アシディティ>
タータリック・マリック・デリケート
<その他>
ヴィスカス・シトラスブロッサム・リファイン・ウェルバランス
<審査員の平均点>
88.21点


<ここからは、個人的な印象のコメントです。>
温かいときは、赤色をメインで感じる「チェリーやピーチ」を思わせる、ストーンフルーツ系の華やかなフルーツ感に、ミルクチョコレートの滑らかな甘さの余韻が長く感じとれます。
「クリーンカップ」と「マウスフィール」に7点を付けましたので、際立つ透明感と、滑らかさの質がとても良い印象です。

酸味は、「赤いリンゴ」を思わせる酸味の印象があり、粘着性のある上品な液体のジューシーさは、精製方法のパルプドナチュラル由来の「レッドハニー」から導きだされる「ストーンフルーツ系」と「粘着性」が思い当たります。

しかし、以外と上品な液体で、粘着性があるからといっても重たくなく、ボディ感もしっかりとした厚みというよりは、ミディアムボディという感じなのに、華やかなトロピカルフルーツを思わせるフレーバーがあるという感じです。

ぬるくなってくると「ストロベリー」のようなフレーバーも登場しますが、やはり赤色やピンク色の印象です。

「クリーンカップ」と「マウスフィール」に7点。
その他の項目は、すべて6.5点で、89点を付けました。

今までの「コスタリカ」を連想させるフレーバーの印象ではありませんので、産地によっても、作り手によっても異なるものだなぁと思うところです。

88点オーバーのコーヒー豆の入荷!
当店の場合は、とても小規模な個人店ということもあり、88点オーバーのコーヒー豆の入荷の頻度が低い。
なので極力、素材(コーヒー生豆)の持つ「ポテンシャルを落とさない取り組み」をとても大事だと考えています。
そのひとつが、焙煎でポテンシャルを落とさないという取り組みです。
そういった取り組みの成果が、焙煎の競技会で「全国3位」になれたことだと考えています。

そして、久しぶりに88点オーバーのポテンシャルを持つコーヒー豆が入荷してきました。
「2018 COE コスタリカ #22 ベジャビスタ農園 カトゥアイ レッドハニー」です。



まだ、焙煎当日のカッピングしかしていませんので、きちんとしたコメントができませんが、現時点でCOE評価でオール6.5点の88点を付けました。
88点クラスのクリーンカップは、やはりとてもいいです。そこは、焙煎で落としてはいけないポイントでもあります。
そして、レッドハニーを連想できるフレーバーがきちんと登場しておりますが、これが明日になるとどう変化するのか?が楽しみなポイントでもあります。

また明日、きちんとしたカッピング・コメントをしたいと思っています。
お楽しみに。
*まだ、webショッピングカートの準備が整っておりませんので、しばらくお待ちください。

自分の「型」を構築する。
12月も一週間が過ぎようとしていますが、まだ全然12月に入ったという自覚がありません。
自覚が無いまま、ギフトのご注文をお受けして発送しては、年末に向けてしなくてはいけないことの段取りをしている感じです。

しなくてはいけないことは、山積みなのですが、作業が追いつかない感じで、でも忙しいのに勉強会でお店を休んでは足を運んだりと・・・。
ということで、来週もお店のお休みをいただいて、仕入れを兼ねたカッピング会に参加してきます。

先週、今週と2週連続でカッピング会に参加させていただき、知りたいポイントを決めて参加をし、いろいろと伺うと「なるほどぉ」と理解が深まってきている感があります。

今週は「クリーンカップ」についてピンポイントで学んできたのですが、理解度がかなり深まりました。
そして、先週と今週も続けてなのですが、「アロマ」についてもお話を伺ってきました。

COEの評価項目では「アロマ」の項目はポイント対象外となるのですが、その「アロマ」の印象度に対してのコメントの考え方や、捉え方など、今までなかなかコメントが出なかったのですが、そこの理解度が上がりました。

ここら辺も、これからじっくりと向き合うことで、いろいろと理解&コメントが書けるようになってくることだと思っておりますので、日常の業務の中に落とし込んで、成長していきたいと考えているところです。

なにごとも、日々の生活の中で携わることで成長してゆくと思っていますので、できるだけ日常的にそういった意識の元、取り組んでいきたいと考えています。

なんでもそうですが、自分の型というのがあると思うので、その「型」をきちんと構築して細分化し、それに当てはめて考えれるようになると、分析力が上がると思いますので、もう少しきちんとした「型」を作っていきたいと考えているのです。

クリーンカップの基準を知る。
昨日は、お店をお休みさせていただいて、名古屋の業者さんのところへ、コーヒーテイスティングの勉強のために足を運んできました。

本来は、午後からの集まりでしたが、特別に午前中からマンツーマンで指導をしてもらいました。
当店は、「スペシャルティコーヒー専門店」ですので、すべてが「スペシャルティコーヒー」しか販売をしていないお店なので、そこから外れた豆を取り扱うことが無いため、一般的に業界で呼ばれている「コマーシャルコーヒー」だとか「コモディティコーヒー」「プレミアムコーヒー」と呼ばれるレベルのカッピングもあまりする機会がありません。

そこで、きちんと品質を理解するために昨日は、一般流通しているレベルの「コモディティ・レベル」「プレミアム・レベル」「スペシャルティ・レベル」の3つのレベルのコーヒーのテイスティングを学ばせていただきました。

そこから、感じ取らなくてはならないクオリティは「クリーンカップ」ということです。
しかし、以外とその「クリーンカップ」の基準が出来ていないのが現実なのです。

ですので、午前中はそれらの「レベルのちがい」による「クリーンカップ」の感じ方の基準を学ばせていただきました。

そこで使ったコーヒー豆も持ち帰ってきましたので、しばらくは基礎講座でも、その3つのコーヒーのカッピングも学びのために使っていきたいと考えているところです。

きちんとした基準ができてこそ、初めて良質さの素晴らしさに気がつくと考えていますので、まずは「質の劣る」という基準もきちんと理解することが大切なのだと思います。

インプットが大切です。
昨日は、テイスティングの基礎講座だったのですが、テイスティングを学んでいない人だと、「思ったままのコメント」が口から飛び出すので、以外と面白いものです。

コーヒーの粉の香りを嗅いで「肉じゃが」みたいな香りがするとコメントされたお客さまがおられました。
たぶん、焙煎由来の甘い香りの部分を感じてコメントしているのだと推測しましたが、嗅覚の成長と、いろんな香りのインプットが進むと「より具体的な香り」のコメントが登場してくるものです。

より似ている印象の香りを選択できるようになりますし、より分析できるようになるので、重なりあった香りの情報から、ひとつひとつの香りを分類してコメントできるようにもなるものです。

それらができるようになるためには、香りのインプットがとても重要だということです。
そんなことを言っている自分自身も、まだまだ香りのインプットが未熟ですので、よりいろんな香りのインプットが進んでいくことで、もっと理解が進むことでしょう。

あとは、フレーバーだけではなく、酸味と甘さが重要です。
ですので、酸味のインプットと甘さのインプットも進むと、フレーバーに合わせてコメントできるようになってくるので、インプットをする場合には、香りと甘さ、酸味を感覚を切り替えながら同時に覚えることが大切です。

テイスティング・コメントから。
どんなフレーバーがあるのかをコメントしたりするのですが、実際にはそのフレーバーを「感じる場所」があったりするものです。

酸味から登場しているフレーバーであるのか?、甘さのフレーバーであるのか?、それとも余韻で感じているフレーバーであるのか?、実際はそのフレーバーを「感じる場所」が大事だったりするのですが、以外とそれが語られていなかったりするものなのです。

当店では出来るだけ、「感じる場所」まで説明をしたいのです。
それが、「どこの場所」で感じているのかを補足することで、「この人は、ここのポイントをそうやって捉えているんだ」と気がつけるからです。

同じものを食べたり、飲んだりした場合に、「どこを」指してコメントしているのかで、より深く同じ景色を共有することができるようになるからなのです。

そのための、学びが「テイスティング」という能力だということです。
いろいろと、学ぶことで、更なる美味しさが見えてくるものですので、興味がございましたら、コーヒー・テイスティングを学んでみると面白いことでしょう。

そういう講座を、当店では開催しておりますので、興味がございましたら受講してみては?

 


 


|  当店のご案内  |  FAQ  |  特定商取引について  |  プライバシーポリシー  |  お問合せ  |